くるじるえるく

長谷川豊アナ ベッキー騒動をブログで強気予言したはずが修正削除して謝罪【がっかり】

time 2016/02/06

元フジテレビアナウンサーで
現在フリーで活躍中の長谷川豊アナが
自身のブログでベッキー騒動についての
持論を展開してました。

ある記事の中で
「ベッキー直筆のコメントが発表される」
と予言していましたが
その通りにはならずw

その後の記事で謝罪してましたが、
当該記事の一部を修正削除するなど、
彼の取った対応に関していささか幻滅していますw

sponsored link

長谷川豊アナについての印象

私自身、長谷川豊アナについては、
特別好きでも嫌いでもありません。

フジテレビを退職することになった理由が
「会社の金を横領した」
という事の様ですが、
本人は認めていないようですし、
真相はよくわからないのでここではスルーします。


ただキー局のアナウンサーとして
それなりの知名度のあった彼が
そのような理由で退職したにもかかわらず
日の当たらない場所へ逃げ込むこともなく、
フリーアナウンサーとして堂々と活動し、
ブログなどでも自身の主張を発信していくなど
精力的に活動されている様子をみて、
「長谷川豊って(精神的に)タフな人だな」
とは思っていました。


彼の記事は何度か読んだことがある程度

長谷川豊アナのブログ記事は何度か読んだことがあります。
といっても
彼のブログをこまめにチェックしているわけではなく
ニュースサイトで気になるニュースを見つけ、
そこから関連リンクをたどっていったら
長谷川豊アナのブログ記事だったということが何回かあったくらいです。


リンク
長谷川豊公式ブログ「本気論 本音論」


ただ私の場合はオリジナルブログではなく
「BLOGOS」というポータルサイト?で
彼の記事を読むことがほとんどです。

リンク
BLOGOS


彼のブログ記事の論調は、
どちらかといえば上から目線で、
大体が断定(断言)系の主張が多い印象です。


そういうキャラ(?)の方が
カリスマ性みたいなものも出て
読者にウケがいいからってことなのか?
それとも、
ご自身が取材して得た情報について
絶対の自信を持っているとか、
自身の主張に確固たる信念を持っているからなのか?

理由はわかりませんが、
実際記事を読んでみると感じますが、
文章の端々にトゲがありますw


ただ、書いている内容や主張に関しては
私自身、納得や賛同できるものもありますし、
文章の構成も比較的わかりやすいと思います。
なかなか面白い記事と思う記事もありますね。
(もちろん納得できない内容もありますがw)

そういうこともあって、
彼のファンも多いみたいですし、
彼の記事が時々ネットニュースで
取り上げられたりしてるんだと思います。


ブログでベッキー騒動についても言及

ようやくベッキー騒動についてですw

長谷川豊アナは、
読売テレビのバラエティー番組
「上沼・高田のクギズケ!」
でベッキー担当になったらしく、
それがきっかけ(?)で取材で得た情報を元に
ブログにも記事を投稿してたようです。


担当になる以上、最低レベル以上の取材はします。

私、14年間も「徹底的に取材してニュースを報告する」という姿勢を叩きこまれている人間です。ネット上で適当に書き込みをしている人たちとは違います。

(長谷川豊氏のブログ記事より引用)


などご自身の取材方法や取材能力には
絶対の自信を持っていたようです。

私は彼がフリーアナウンサーであることは知ってましたが、
「スタジオでしゃべるだけの人」
というイメージしかなかったので、
自身で取材を行っているということには驚きましたw


長谷川豊氏のブログ記事の顛末

SMAPの解散騒動や、甘利明大臣の辞任と合わせ、
ベッキー騒動についても
複数回にわたり、持論を展開されてました。
(清原の件はどうだったか忘れましたがw)

そのベース(根拠)になっているのが、
「長谷川豊氏がご自身で取材して得た情報」
ということの様です。


大まかな記事の経緯(顛末)をまとめると、

・「そもそも一番悪いのは…ダントツで川谷君の奥さんですからね?」と主張
・法的な話を持ち出し「ベッキーはそれほど悪くない」と擁護
・「LINEの情報をリークしたのは川谷絵音の嫁(妻)」と断言(断定)
・ネットリテラシーに関してご高説w
・「『友達で押し通す予定』というラインは存在しない。この1文はねつ造のはずです。」と主張
・「ベッキーさんの直筆メッセージが発表される」と予言(予告)
※事務所からベッキー休業の正式発表があったものの直筆メッセージは出ずw
・予言が外れ、ブログにて謝罪するも切れ味の悪い言い訳じみた弁解に終始
・断定口調だった当該記事の一部を修正および削除し、推定口調に変更
・現在は自身が取材して得た情報についてできる限りすべて話すという記事を書かれているw

といった感じでしょうか?

2/1、2/2付の記事あたりが中心ですが、
既に修正削除されているので確認できない部分もあります。
(ネットでは「魚拓」情報も出回ってますので確認できないことはないですがw)


長谷川豊氏の信念のなさにがっかりw

彼が予言していた
「ベッキー直筆のコメント文発表」
については、
私は長谷川豊氏を嘘つき呼ばわりするつもりはありません。

当初予定してたものを直前になって変更した
ということだって考えられなくはないし
予言が外れたというだけの情報しかないですからねw


ただあれだけブログ記事で強気な主張を行ってきて、
自分の取材能力・情報に絶対の自信を持っている
かのような書きっぷりだったのに
調子に乗って書いてしまった(?)予言が外れたことで
予言とは直接関係のない部分も含め、
ここまで切れ味鋭く言い切っていた当該記事の
都合の悪そうな表現部分を削除・書き換えしてしまうとはwww
(特に断定調だったものを推定調に変更したのは姑息な気もしますね。黙ってしれっとですからw)


もちろん取材で得た情報であっても
出せるものと出せないものなんかもあるでしょうけどねw

それにしても、自分の書いた記事について
こんなにあっさり撤回・修正する程度の信念しかなかったのかと
個人的には彼のジャーナリストとしての姿勢にがっかりですw


自分の取材姿勢に絶対の自信を持ち、
情報の信憑性にも自信があり、
騒動の真相を正確に世間に伝えようという
強い意志、信念があるからこそ、
あれだけ上から目線で、偉そうに
自信ありげに書いているんだと思ってましたからね。

※そうじゃなきゃあそこまで断定して書けるはずがないと思ってましたw


例えば
世間からどんなに批判を受けようと、
事務所の圧力などによって情報操作が行われ
仮に世間の認識が間違った方向に誘導されていたとしても
自分の情報や主張が正しいと思うのであれば、
根拠を示しながら訴え続ければいいのに
結局そこまでの根拠といえる情報はなかったんでしょうかね?



何度かブログ記事を読ませていただいて
「骨のある男」
なのかなという印象は持っていましたが、
今回の一連の対応を見て、
一気に彼に対する評価が下がりましたw


最後に

今回の記事は
長谷川豊アナを誹謗中傷したいわけではありません。

あれだけ威勢のいいことを書いてた人間が、
こうも恥ずかしく思える対応をするのか
とショックを受けて残念に思っているんですw

今までの強気発言(記述)は
彼なりの自信からくるものだと思ってたのに
この程度の人間だったのか、と。


間違いや失敗は人間なら誰でもあります。
問題はその時にどう対応するかですよね?

長谷川アナの対応は、
ベッキーの事務所の対応を批判できるほど
正しかったとは思えませんw


結局、長谷川氏がこき下ろしていた
低能なコメンテーターとやらと大して変わらんじゃないかwww


自分の発信情報に責任を持てないのであれば
今後はもう上から目線の断定口調で記事を書くのは慎んで、
もう少し謙虚に活動された方がよろしいのではないかと感じました。


そういえば、
彼のブログ(オリジナル)の方はコメントできるようですが、
BLOGOSの方はコメントボタンが消されていますねw


ちょっと前まではコメントボタンも設置されていて、
他の方のコメントも読めたんですが今回の件で外したのかも?

ただ気になったのは、
「長谷川さんの記事を読んでスッキリしました」
「さすが長谷川さん!!あなたの言う通り」

みたいな、
絶賛コメントしかなかったことです。


確認してないので何とも言えませんが、
「都合の悪いコメントは承認されない」
という話も出ているようですので
批判的なコメントは却下されてるのかも。

「批判する人は、論に対して論で返せ。感情だけでものを語るな」
的なことも書いてるんですけどね、長谷川さんwww
称賛コメはみんなに公開するけど、
批判コメは公開しないんでしょうか?


まあスパムコメント対策のために
承認後に表示ってこと自体は、
私でもやってますから普通に考えられることですけどね。
都合の悪いコメントは却下されてるとしたら、
その時点で「ちっちゃい」ですねw


それから、
長谷川氏は法律論で誰が一番悪いとか論じてましたが、
ベッキー騒動の本質は
法律違反を犯したかどうかの問題ではないですよね?

そもそも法律論なら、
マスコミや一般ネット民があれこれ言うべき話ではないですしw
警察や弁護士に任せておけばいいだけのことw


ベッキーを擁護したいなら
ベッキーに対する世間の誤解(?)を
払拭するための根拠だけを示していればよかったんですよね?

何も奥さんを名指しで攻撃しなくても
よかったんじゃないかな?とは思いますね。
大した材料(証拠)がなかったのであれば。。。
(当然川谷さんの奥さんには謝罪とか必要でしょうけどね)
※奥さんがシロだということではありません


長谷川氏のブログは、
今後どんな感じで展開されていくんでしょうか?
ベッキー騒動に関する記事は
風向きが変わったからもう切り上げて
他のネタに行きたいようですが、
ご自身が招いた問題の後始末はしないといけないよね?やっぱり。

川谷の奥さんに対する謝罪は当然必要でしょうし、
本来ならなぜあそこまで自信満々に主張してきたのか?
理由についても説明責任はある気もします。
それが納得できるものかはともかくとして。
(※その後のブログ記事で書いてることがこれに当たるのかな?)

できれば、
批判的なコメントをしてた人に対しても
可能な限りその返事(反論や説明など)を返してほしいところですが
「批判的なコメント」が公開されてないので確認できないですねw


またきっかけがあれば
訪問して記事を読んでみたいと思います。

sponsored link

関連コンテンツ

あわせてお読み下さい

    関連記事が見つかりません

down

コメントする




その他

twitterアカウント変更

何故かアカウントを凍結されてしまったため、新規アカウントに変更しています。 お手数ですがこちらもフォローいただければ幸いです。


sponsored link

スポンサードリンク

当ブログ使用の画像素材

フォトマルシェ - PhotoMarche  その他「pixabay」の無料画像などを利用しています。