くるじるえるく

ペンパイナッポーアッポーペンのピコ太郎って誰?歌詞は単純だけど頭に残るw【動画】

time 2016/10/06

最近になって
ペンパイナッポーアッポーペンという
謎の歌を歌ってる動画の存在を知り
遅ればせながら見てみました。

ピコ太郎って人が歌ってるけど
何処かで見たことある顔だな。
誰だっけ?

歌詞も単純なんだけど
頭に残ってしまうwww


sponsored link

ペンパイナッポーアッポーペンという謎の動画


ペンパイナッポーアッポーペンという
謎の動画がネットで話題のようです。

私は積極的にYoutubeを見る習慣がないので
最近まで知らなかったんですが、
ネットニュースで存在を知り、
気になったので動画を見てみました。

公式動画がこちらです。

PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)(PPAP)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)





歌ってるのは誰?


動画を見ると、
派手な衣装を着て
カツラと眼鏡をかけたオヤジが
コミカルにダンスをしながら
ペンパイナッポーアッポーペンを歌ってます。

動画自体は1分程度の
かなり短めの曲ですw

で、この歌ってるオヤジですが
「何処かで見たことある顔だな」
と思ってたんですが、
ちょっと調べてみたら
お笑い芸人の「古坂大魔王」
だということがすぐにわかりました。

古坂大魔王について

元々はお笑いトリオ(後にコンビ)・底ぬけAIR-LINEとして活動を行っていたが、2003年9月からお笑い活動を休止し、テクノユニット・ノーボトム!の活動に専念。
音楽性を追求するため、2005年10月11日にホリプロコムを離れ、ユニットもNBR(NEW BUSHIDOU RAVERS) に改名。
NBRとしてクラブイベントプロデュースや、個人でもmihimaru GTのアルバム・ライブツアー参加の他、鈴木亜美などの楽曲リミックスを手がけている。
2008年からは、音楽活動での行き詰まりからお笑い芸人としての活動も本格的に再開した。

(引用元:wikipedia


ああ、古坂大魔王だったのか。

あまりTVで見かけることは多くないですが、
お笑い芸人の間では「天才」と呼ばれるほど
面白いと評価されてる人みたいですね。
(本番よりも楽屋でのトークのほうが面白いとかw)

私もだいぶ前に
お笑い番組か何かで彼を見たことがありますが
今はこんなこともやってたんですねw

歌詞は単純だけど何故かハマる


「ペンパイナッポーアッポーペンとは
一体どういう意味の言葉なんだろうか?」

と意味不明の単語に疑問を持っていたんですが、
動画で歌詞を見てすぐに理解できました。

(歌詞)
アイハブアペン(I have a pen)

アイハブアンアッポー(I have an apple)

アッポーペン!(Apple pen!)


アイハブアペン(I have a pen)

アイハブパイナッポー(I have pineapple)

パイナッポーペン!(pineapple pen!)


アッポーペン(apple pen)

パイナッポーペン(pineapple pen)

ペンパイナッポーアッポーペン!
(pen pineapple apple pen!)

※この曲に著作権があるのか不明ですが、問題があるようであれば削除します。

ペンとりんごがあって
りんごにペンを刺したらAP(Apple Pen)、
ペンとパイナップルがあって
パイナップルにペンを刺したらPP(Pineapple Pen)。

APとPPを指したらPPAP(Pen Pineapple Apple Pen)。
っていうたったこれだけの歌詞(曲)ですw

動画の最後に表示されてる
「ペンパイナッポーアッポーペン」の
英語表記が
「Pen Pineapple Apple PenPineapple pen!」
となっているのが気になりましたけど、
それはさておき、
こんな単純な歌にも関わらず、
何故かハマってしまいましたw
(appleには前に「an」らしき発音を入れてますが、pineappleには「a」らしき発音がないとか文法的なツッコミはさておきw)

ピコ太郎(古坂大魔王)の動きや表情も
いい味を出してるんだとは思いますけど、
妙に頭に残ります。

こういうのって
好き嫌いは分かれそうですけどねw
私にはハマりましたね。

世界中に拡散されブームに?


この動画は日本だけでなく
世界中に拡散されて人気になっているようで
Youtubeで関連動画をみると、
日本海外を問わず
オリジナルをアレンジした動画や
いわゆる「やってみた」系の動画が
多数アップされています。

中には可愛い双子(?)の女性
楽しそうに真似してる動画も。

オリジナルの公式動画の再生回数が
2016年10月6日現在で23,876,341回!!


世界中の関連動画もいくつかみてみましたけど
それらの動画も数万回~数百万回再生されてました。

PSYの江南スタイルみたいな感じで
一大ブームになってしまうんでしょうか?
(すでになってるか?)

(2016/10/09追記)
まとめブログで見つけた情報によると
あのジャスティンビーバーがTwitterで
ハマってる動画として紹介(ツイート)したことで
世界中の彼のフォロワーに知られることとなり
動画を見た人たちにウケて更に拡散
って感じで再生回数が伸びたらしいです。

彼がどうやってこの動画を見つけたのかは謎ですがw

最後に


この動画が面白いかつまらないかの判断は
皆さんにおまかせしますが、
多くの方に支持されてるのは事実ですね。
海外の反応もまずまず良さそうですし。

こういう曲を考えた
古坂大魔王のセンスもすごいなあと思いますけど、
この動画を見つけて最初に拡散した人も
目ざといというか、鋭い感性を持ってるなあ
と感心してしまいます。

今後も同じ路線で
2曲目とか発表するんでしょうかね?

だとしたら
また見てみたい気がします。

sponsored link

関連コンテンツ

あわせてお読み下さい

    関連記事が見つかりません

down

コメントする




その他

twitterアカウント変更

何故かアカウントを凍結されてしまったため、新規アカウントに変更しています。 お手数ですがこちらもフォローいただければ幸いです。


sponsored link

スポンサードリンク

当ブログ使用の画像素材

フォトマルシェ - PhotoMarche  その他「pixabay」の無料画像などを利用しています。