くるじるえるく

織田裕二が世界陸上で見せるテンションは演技?それともほんとのキャラ?

time 2015/08/28

現在開催中の世界陸上。
毎回織田裕二と中井美穂がMCを務めてます。

織田裕二は世界陸上の時だけ
異様に高いテンションで話してるのが
なんか気になってます。

あれって演技?
それともあれがほんとのキャラなのかな?

sponsored link

もはや定番となった織田裕二のMC

世界陸上のMCといえば織田裕二、
ってくらい、定番となってますね。

そもそも、
なぜ織田裕二が世界陸上の司会に起用されたのか?
ってのは私にはわかりませんが、
継続して使われているところをみると、
彼を起用することで
プラス面の効果があるということでしょう。


織田裕二が普段見せたことのないような
ハイテンションでコメントするってのが
視聴者にウケてるってのもあるのかも?


織田裕二のハイテンションは演技?

その織田裕二の「ハイテンション」ですが、
あれって彼の本来の性格(キャラ)なんですかね?

彼は俳優ですから、
ドラマや映画で見せるキャラは、
その役どころによって変えてるってのはわかります。

でも、例えば映画のプロモーションなどで
インタビューに答えてる様子とか、
バラエティ番組などに出演(ほとんどないと思うけど)した際、
こんなキャラではなかったように思います。

決して暗い性格だとは思いませんが、
あんなに明るく感情的な織田裕二ってのも
世界陸上でしか観れない特別な姿って感じ。


そういうこともあって、個人的には
「まさか世界陸上のキャラは演技じゃないよね?」
って少し懐疑的になってますw


以前よりはおとなしくなった

それでも最近は以前より
おとなしくなった感がありますけどね。

当初は芸人の山本高広が
モノマネネタとして笑いを誘う程、
かなりぶっ飛んでました。
(山本高広もだいぶデフォルメしてたと思いますが。)

「霊長類なめんなっ!」
「ひゃひゃひゃひゃひゃ!よぉし!見たかコノヤロー!」
「何やってんだ、為(タメ)!」
「今日寝れないよ?言っとくけど」
「地球に生まれてよかった~!」
「も~~ぉ、今日観なかったらアホ! 言い過ぎた!」

などお世辞にも司会の言葉とは言えない程
感情と私情が入り混じったコメントの数々。

時には「織田裕二の名言」とか
「失言」とか言われたほどです。


今回も色々とコメントしてますが、
以前ほどぶっ飛んだ「名言・失言」はないのかな?
(全部を観てるわけじゃないので把握し切れてませんがw)


歳を重ねて大人になったのか?
それとも関係者から釘を刺されたのか?
どちらでしょうかね?


どっちがほんとの織田裕二?

(演技中じゃない時に)
俳優としてふるまってる時の織田裕二と
世界陸上MCとしての織田裕二。

どっちがほんとの織田裕二なんでしょうか?


個人的には両方を足して2で割ったくらい
の性格だったら好感が持てそうですが。

俳優としてのイメージってのもあると思うけど
暗すぎず明るすぎず、
かっこつけすぎず、軽すぎない。

それ位がちょうどいい気がします。

sponsored link

関連コンテンツ

あわせてお読み下さい

    関連記事が見つかりません

down

コメントする




その他

twitterアカウント変更

何故かアカウントを凍結されてしまったため、新規アカウントに変更しています。 お手数ですがこちらもフォローいただければ幸いです。


sponsored link

スポンサードリンク

当ブログ使用の画像素材

フォトマルシェ - PhotoMarche  その他「pixabay」の無料画像などを利用しています。