ブログをSSL化&テンプレ変更しました。その影響で表示不具合があるかも知れませんが発見次第修正予定です。

のどじまんTHEワールド~令和元年~ 今回は初の生放送! 審査に参加するなら放送前に要チェック!

のどじまんTHEワールド~令和元年~ 今回は初の生放送! 審査に参加するなら放送前に要チェック! TV・映画

2019年に入ってから「のどじまんTHEワールド」に関する情報が全く更新されていなかったため、私自身も意識が薄れかかっていたのですが、最近ふと気になって番組HPを確認してみると、数日後に放送されるって情報が!!

今回もまた不意打ちを食らった感じではありますが、番組情報について確認できた情報などを整理してみたいと思います。

なお今回は番組史上初の「生放送」で視聴者も審査に参加できるようですので、そのあたりについてもまとめてみたいと思います。

審査(採点)に参加したい方は、参加方法について放送前にチェックしておいてくださいね。

 



スポンサーリンク

令和初の放送は生放送!


「のどじまんTHEワールド 」は「2018 秋」の放送以降、2019年に入ってからは放送がありませんでした。

例年の放送サイクルなら「2019 春」があっても良かったはずなのに、何事もなくスルー。。。

 

そして時代は「平成」から「令和」へと変わりました。

「2019 春」の放送がなかったこともあり、「2019 夏」の放送があるのか?なんて思ったりもしましたが、その期待も虚しく時間だけが過ぎていき、早9月に。

 

このところ私自身の意識もかなり薄まっておりましたが、最近になってふと番組のことを思い出し、HPを確認してみたところ、情報が更新されていることにようやく気が付きました。

 

いつHPの情報が更新されたのかはわかりませんが、「のどじまんTHEワールド~令和元年~」という形で2019年9月11日(水)19:00~20:54に放送されることが決定したようです。

今回はなんと、番組史上初の「生放送」らしいです!!

 

生放送ってことは、文字通りそのまま編集無しで放送されるわけですよね?

アクシデントとか起こったりしないのかな?
なんて心配もちょっとだけありますけど、新たな試みですので楽しみではありますね。

 

(番組公式アカウント)


clr_br('')
 

※番組予告動画は削除されたようなので外しました。

※日テレ公式チャンネルでは、その他にも紹介動画がアップされています。
(※2019/9/12追記)放送終了後に削除されてしまったようです。

youtube日テレ公式チャンネル(のどじまんTHEワールド)

 

ちなみに、MCは中居正広、西尾由佳理。
その他、大会委員長のテリー伊藤まではいつもどおり。

今回の審査員は清塚信也、Chage、湯川れい子。
ゲストに岡田結実と霜降り明星(粗品・せいや) という顔ぶれのようです。

 

出場者は10組 歌唱曲は不明


私は今回も気づくのが遅れてしまったので、既にご存じの方も多いかも知れませんが、番組HPを確認して現時点で分かる情報についてまとめてみます。

http://www.ntv.co.jp/nodo/

 

出場者は10組


出場者は10組のようですね。

【出場者】
・米国空軍太平洋音楽隊(アメリカ代表)
※男女8人組?
・ヘル・ジェイズ(ロシア代表)※女性3人組?
・ジュルズ・ウェスト(イギリス代表)※男性ソロ
・イマニ・キャンベル(コスタリカ代表)※女性ソロ
・ゼロ(アメリカ代表)※男性2人組?
・ジャポニカ・ファミリー(ジャマイカ代表)※男女3人組?
・シュルティ・メヘンダレ(インド代表)※女性ソロ
・アヌーナ(アイルランド代表)※男女6人組?
・アナ・ヴィージャ(コロンビア代表)※女性ソロ
・ロスリ・スナン(シンガポール共和国代表)※男性ソロ


アイキャッチ画像を見て書いたので、性別や人数に関して間違っていたらすみません。

放送を確認して間違いがあったら修正いたします。



ざっと見て気づいた点と言えば、今回も初出場者が多いかなということでしょうか?

前回「2018 秋」の優勝者であるアナビージャと、「2017 春」出場者のイマニキャンベル、そして常連の一人と言っても良い(?)ジョンルーカスがジャポニカファミリーの一員として出場するのかな?


あとは全員初出場ですかね?
(間違ってたらすみません)



歌唱曲は不明


これまでは放送前に歌唱予定曲まで事前に告知されていたんですけど、今回は記載がありませんね。

生放送ということも関係しているのかわかりませんが、あえて情報を伏せているんでしょうか?
(※番組CMなどではネタバレしてるかも知れませんけど、現時点で私は見ていない為不明)


まあ、事前にわかっていようがいまいが、そんなに大きな違いはないですけどねw

個人的には放送前にイマジネーションを膨らませて楽しむ時間があるかないか程度の違いですかね?



ニコラスエドワーズはもう出場しない?


そう言えば今回も番組の象徴だった「ニコラスエドワーズ」の名前はないですね。

前回の「全員初出場SP」で番組の方向性が変わったような気がしたので、今後もニコラスの出場は期待薄なのかな?

まあそれならそれで受け入れますけどね。

 

(ニコラスエドワーズ関連商品一例:楽天ブックス)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うわノそら (初回限定盤 CD+DVD) [ ニコラス・エドワーズ ]
価格:3888円(税込、送料無料) (2019/9/8時点)




楽天で購入

 

視聴者投票で審査に参加できる!!参加方法は?


今回生放送ということでもう一つの目玉となっているのが、「視聴者投票で審査に参加できる」ということです。

今までは事前収録でしたので、会場に行って収録に参加した観覧者が審査に参加できることはあっても、視聴者はただ観ること聴くことしかできませんでした。

これは新たな試みですね。

 

気になる参加方法ですが、番組HPの情報をもとにポイントを整理しますと、

・データ放送システムを利用して審査に参加できる(※dボタンで画面切り替え)
・敗者復活戦と決勝戦で投票に参加できる
・投票は締め切りまで何度でも修正可能

ということのようです。

加えて、視聴者投票に参加した方はQUOカード1万円分のプレゼント懸賞に応募できます。
(※当選者 5名)

応募方法は番組HP内にあります応募フォームから。
記事の冒頭に貼った番組HPからもアクセスできますが、応募ページへの直リンクを貼っておきますので、注意事項等、詳細は各自でご確認ください。

http://www.ntv.co.jp/nodo/data/index.html

 

ここから勝手に想像すると、今回はいくつかのブロックに分けて得点上位1位は自動勝ち抜け、あるいは直接対決方式で5組が決勝進出。

加えて「敗者復活戦」という形で視聴者投票による投票上位◯組が決勝進出。

決勝戦は会場審査員と視聴者審査員の採点による合計得点の最上位者が優勝。
(審査員採点と視聴者採点の配点比率は不明ですが)

というイメージで進行していくのかな?

 

視聴者による採点投票システムというと、歌唱王などの類似番組を連想してしまいますけど、どうなんでしょうかね?

放送と結果を見て、個人的に思う所があれば感想で触れてみたいと思います。

まあ「視聴者の声を採点に反映する」という趣旨はいいことだと思いますけどね。
どのように運用するかで、意見が変わるかも知れませんので現時点では保留としておきます。

 

最後に


以上、「のどじまんTHEワールド」放送前に番組の基本情報と視聴者審査への参加方法等についてまとめました。

特に視聴者投票(審査・採点)に参加したい方は、放送前に参加方法をしっかり理解しておきましょう。

 

個人的に今回の番組サブタイトルが「令和元年」となっていたのがやや気になってます。

「ひょっとして放送周期が年2回から年1回に減るのかな?」と。

まあ番組が打ち切りになるくらいなら、年1回でも放送してくれるだけでありがたいことではあるんですけどね。

できれば年2回位は放送してほしいと願う視聴者の一人のボヤキでした。。。

 

今回も放送を楽しみにしたいと思います。

感想についてもできる限り記事にまとめたいと思っていますが、現時点では未定とさせていただきます。(放送後、時間がかかってでもできる限り記事にまとめておきたいとは考えておりますが。。。)


 

PS.

どうでもいいことですけど、日テレ(のどじまんTHEワールド)のHPってドメインが未だに「http」なんですね。

TVとweb媒体では土俵が違うとは言え、自社のwebページをSSL化対応していないことに少々驚きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました