ブログをSSL化&テンプレ変更しました。その影響で表示不具合があるかも知れませんが発見次第修正予定です。

世界の壁は「高い」「厚い」どちらが正しい?

世界の壁は「高い」「厚い」どちらが正しい? その他

スポーツなどで、強敵を相手に挑戦して負けると「世界の壁」という表現がよく使われますね。

この「世界の壁」ですが、
壁が高いのか?
壁が厚いのか?

どちらが正しいんでしょう?



スポンサーリンク

世界の壁は高い?厚い?


ひょんなことから気になってしまったんですが、スポーツの試合などで世界トップクラスの相手に挑戦して勝てなかった(全く歯が立たなかった)時などに、「世界の壁」という表現がよく使われますよね?

短い単語で意味をよく表したうまい言葉だと思うんですけど、
「果たしてこの世界の壁って高いものなのか?それとも厚いものなのか?」
という疑問を持ちました。

 
「世界の壁」だけでも使われることが多いですけど、その後に続けるとしたら「高い」と「厚い」、どちらが正しいのか?(適切なのか?)
気になったのでちょっと情報を探してみることにしました。

 

意味合いとしてはどちらもわかる気がする


個人的な想像としては、どちらでも意味合いはわかる気がします。

 

世界の壁は高い


越えなければいけない目標や課題が高いところにある、その相手を越えて(超えて)いかなければ次はない、などと考えれば「高さ」で表現するのも理解できる。
 
「高いハードル」という表現があるが、同様に格上の相手を高さで表現することに違和感はない。

 

世界の壁は厚い


ちょっとやそっとでは倒れない、崩れない相手。
「強敵(難敵)を撃破」なんて表現もあるので、相手を打ち砕く、突き進むというニュアンスで壁を厚みで表現することも十分理解できる。

 
ということで個人的には
「その時々のイメージで使い分ければいいのかな?」
なんて考えてました。

ただ、漠然と考えていただけでどちらが正しいのか自信がなかったので、自分の記事で使う場合は「世界の壁」で留めて、そのへんをウヤムヤにして使うことも多いです。。。

 

ネットでちょっと検索してみた


自分だけで考えていても解決しないので、ガッツリとはいかないまでもネットでちょっと検索して、説得力のあるいい情報がないか探してみました。

 
ネット上にある記事の中で、「世界の壁」という表現を使っている記事をざっと見回してみると、「高い」「厚い」どちらも使われているようです。
(ちょっと調べた程度なのでどちらが多いかは正確に把握できませんが)

 
言葉の専門家のご意見でもあればと思ったんですが、私の検索能力では見つけられませんでした。

 

楽天市場で書籍を探してみた


次に楽天市場で書籍があるか「世界の壁」で検索し探してみました。


 
この書籍では「高い」を使っていますね。
他には「世界の壁を超える」という表現をタイトル内で使われていた書籍もありましたが、これも「高さ」ですね。
 

その他にヒットした商品では「世界の壁」のみのものが多く、高い、厚いという表現を使っているものは見つけられませんでした。


 
あとは言葉通り世界の壁面や絶壁に関する書籍とか。。。

ちなみにAmazonでも検索してみましたが似たような結果でした。

 

Yahoo知恵袋


Yahoo知恵袋で同様の質問があったので回答を見てみましたが、ベストアンサーは「厚いが正しい」とされていますが、専門家の意見というわけではなく、またその他の回答には「高いが正しい」というご意見もあり、結論付けることは無理でした。。。


最後に


以上の結果から、今回は結論が出せないまま終了となりました。

正しい答えを知りたかった方にはこのような結果となり、大変申し訳ありません。

 
どなたか専門家の方で、根拠や説得力のあるご意見をお持ちの方がいらっしゃいましたらコメントいただければ幸いです。

 
当面は「世界の壁」に留めて使うことになりそうです。。。
(それでも問題ないかもしれませんが)

コメント

タイトルとURLをコピーしました