くるじるえるく

テニスで6-0のスコアをベーグルというらしい【テニス用語】

time 2016/05/13

昨日のBNLイタリア国際3回戦で
6-0というスコアがたて続けに出ました。

最近はこのスコアを「ベーグル」
というらしいです。


sponsored link

6-0というスコアが頻出


現在開催中のBNLイタリア国際。
3回戦が行われベスト8が決まりました。

錦織圭はガスケを相手にストレート勝ち。
今まで勝てなかった相手に
2試合続けての勝利でベスト8進出を決めました。

 
一方、その他の試合では波乱も起こり、
6-0という珍しいスコアも頻出しました。

 

ゴフィンがベルディヒ相手にパーフェクトゲーム


まずダビド・ゴフィン対トマーシュ・ベルディヒの試合。
なんとこの試合のスコアは6-0、6-0。

ベルディヒは6回あった自分のサービスゲームを
一度もキープできずにストレート負け。

ポイントはとっていたとは思いますが、
スコア的にはまさに「パーフェクトゲーム」

ゴフィンに超屈辱的な敗北を喫しましたw

 

ジョコビッチも0-6を食らう


そして世界ランク1位のジョコビッチも
世界ランク37位のトマス・ベルッシに
第1セットを0-6で奪われましたw

試合はその後、
ジョコビッチが逆転勝ちをおさめていますが
あのジョコビッチが3回連続で
サービスゲームをブレークされたのには驚きましたw
 

マレーも6-0


この日はなんとマレーも6-0でしたw

ジェレミー・シャルディーと対戦したマレーは
第1セットで6-0を記録。

第2セットも6-4でとり、
ストレート勝ちしています。
 

テニスで6-0をベーグルという?


上述の2つの事件(?)に驚いた私は
ツイッターでみんなの感想を確認しました。


clr_br('')
など、
ツイートの中に「ベーグル」
という表現が多く見られました。
 

私はテニス経験者ですが、
私の場合は、
6-0のことを「6タコ」「ダンゴ」って言ってました。

でも最近は「ベーグル」
っていうのが普通なのかな?

時代の流れを感じますwww
 

要は6-0の「0」の部分が丸いから
タコとかダンゴとか言ってたんですが
それが最近の丸いものといえば「ベーグル」
ってことなんでしょうかね?

(追記)

他サイトの記事などを読むと
「海外ではベーグルと呼ぶことが一般的」
なんて書かれているものもありましたので
こちらの呼び方がインターナショナルなのかも?

(2017/06/06追記)

全仏オープン2017の4回戦で
ベルダスコと対戦した錦織圭が
0-6、6-4、6-4、6-0で逆転勝ちしましたが、
この試合について
「錦織がベーグル返し」
なんて表現をみかけました。

こういう言い方もあるんですねw

6-0というスコアは屈辱的


ちなみに6-0というスコアは、
プロであれアマチュアであれ、
とても屈辱的なスコアです。

まさに
「手も足も出なかった」
ってことになりますからねw
 

まあアマチュアなら
対戦した両者に
明らかな実力差があったりすると
こういうスコアになったりすることも
ままあるんですが、
それでもできればこんなスコアで
セットを取られたり負けたりしたくないものです。
 

それが一定の技術、実力を持つ
プロ同士の試合でも出てしまうのが
テニスの不思議な部分ですね。
 

6-0はめったに出ないスコア


アマチュアはともかく、
プロの世界では6-0は
あまり出ないスコアだと思います。

というのも、
上述の通りプロは一定レベル以上の
技術・実力のある選手ばかりなので
世界ランク的に開きがあったとしても、
サーバーが圧倒的に有利な状況になりやすく、
サービスゲームをキープできる可能性が高いからです。
 

そのため、
基本的には自分(又は相手)のサービスゲームを
「1回もしくは2回ブレークされて(して)セットが決まる」
ことが大半で、
「3回連続でブレークされる」
ということは起こりにくいんですよね。

また、
ブレークを許した選手が
「相手のサービスゲームをブレークできる」
可能性だってあるわけですから
6ゲームを連続で取る(失う)というのは
やはり珍しいスコアということが言えると思います。
 

出るときは出る?


6-0というスコアはめったに見られない
と書きましたが、
この日は4つも出ちゃいましたねw
(内2つはベルディヒゴフィン戦)
 

不思議なもので
出ない時は全く出ないのに
出る時はたて続けに出るw

それも狙って出しているわけでもなく
偶然偏るわけです。
 

とはいえ、
ベルディヒが食らったダブルベーグルに
ジョコビッチの0-6(シングルベーグル?)。

この2つは今後再び見られるかわからない
本当に珍しい出来事だと思います。

特にジョコビッチのサービスキープ率は
ずば抜けて高いですから、
3回連続でブレークされる確率は
限りなくゼロに近い数値になると思います。
 


clr_br('')
というツイートを見かけましたが
4年ぶりだったんですね。
ジョコビッチがベーグル食らったの。

だとすれば、4年後、
ジョコビッチがまだ現役選手だったら
また見れるかもってくらいの確率なのかw
 

このツイートみて驚いたのは、
「2011年に錦織がジョコビッチから6-0とってたのか?」
ってこと。

こんなことがあったんですね。
私の記憶にはありませんでしたwww

その当時は錦織の実力も
まだまだジョコとは差があったでしょうし、
そう考えると恐ろしいことやってますねw

(2016/05/16追記)
そういえばこの時は
ジョコビッチが足を痛めたか何かで
まともに走れなくなってたんでしたかね?

だとしたら、
前言は撤回しますw

(再追記)
思い出しましたが多分肩でしたね。試合途中で痛めてラケットをまともに振れなくなり、それで戦意喪失したというか試合を捨てたんじゃなかったかな?

最後に


セットを取る(取られる)ということで言えば
6-0だろうが7-6だろうが
あまり関係のないことです。

しいて言えば、
体力的に6-0なら消耗が少ない
ってことはあるでしょうけど。
 

なので、
スコア自体をどうこう言っても
仕方がない面もありますが
それでも6-0というスコアは別格で、
ベーグルを食らった選手の精神的ダメージは大きいと思います。

そのセットは捨てて(諦めて)
次のセットに気持ちを切り替えられる選手はまだいいですが
いつまでも引きずってしまう選手は
立ち直れないまま負けてしまうことになるでしょう。
 

試合を観戦する際に
6-0のスコアを見る機会があったら、
選手の表情をチェックすることで
その選手のメンタルを想像しながら
試合を観戦してみると
更に楽しめるかもしれませんよ。

sponsored link

関連コンテンツ

あわせてお読み下さい


down

コメントする




その他

生活

twitterアカウント変更

何故かアカウントを凍結されてしまったため、新規アカウントに変更しています。 お手数ですがこちらもフォローいただければ幸いです。


sponsored link

スポンサードリンク

当ブログ使用の画像素材

フォトマルシェ - PhotoMarche  その他「pixabay」の無料画像などを利用しています。